第二外国語から中国留学

大学ではじめた中国語、そして留学へ

はじめての留学

滝です。

 

留学の記憶が薄れてきたので、完全消滅する前に書き残します。

まずは、初めての留学から書きます。

 

留学には様々な種類・方法があります。

私の場合初めての留学は、通っていた大学の交換留学制度を利用しました。

自費での留学経験もあるのですが、それは又の機会に。

 

交換留学制度とは何ぞや。

この制度は、大学内の選考を通過すると、奨学金を支給され協定大学に1年間留学できるというものです。

 

留学先大学の学費全額免除+奨学金(生活費)という感じでした。食費や交際費を頑張って抑えれば、実質タダで1年間留学が出来ます。

 

留学の内容は、自分で選べました。私の場合、中国語がゴミカスだったので語学留学にしたのですが、本科(中国の学部)の授業を取っている人もいました。

 

また、この制度を使うと留学準備がスム~ズに進められるかと思います。

大学が留学手続に必要な書類を準備してくれ、留学先とやり取りもしてくれるので、初めての留学にはお勧め出来ます。自費留学だと、色々面倒くさいです。

留学先からの連絡が遅かったり、めちゃくちゃ不安になります。エージェントを利用する方法もあるみたいですが、そのエージェントに申込むのが面倒くさくて諦めました。お金もかかるし。

 

多くの大学が、こうした留学制度・プログラムを持っているかと思います。けれど、このお得制度を知らない学生が意外と多い印象。勿論、留学を念頭に置いて大学生活を送っている人にはあたり前の情報かと思いますが…。

 

留学の「り」の字も考えていなかった自分は、全く知らなかったので、頭の片隅にでも置いておくといいかもしれません。

 

 

交換留学制度への出願については、また今度書きます。