チャイナ発見伝

中国留学生活の「?」と「!」を振り返る

你好!中国のトイレよこんにちは_01

f:id:taki_2021:20211109154020j:plain

 

 

滝です。

留学の思い出を綴ります。

留学したのは、コロナ以前の事でした。

留学初日のことは一生忘れません。

 

その日、初めて会った人と一緒に自分のう○こを見つめました。

 

あれは、何とか大学の寮に辿り着き、自分の部屋に荷物を運び終わった夕方のことでした。飛行機の疲れ、異国の地での緊張。

自分の部屋で一息つくと、う◯ちしたいことに気が付きます。

もちろん部屋にはトイレが付いています。トイレに向かいます。

そして、冷静に中国のトイレ事情を思い出します。

 

  1. 日本の水洗と違って、トイレットペーパーは流せない
  2. 使用後のトイレットペーパーはゴミ箱へ

 

そして用事を済ませます。

 

ジャアアァ……

…??

ジャアアァ……

…??

 

そこには、水流に抗いびくともしないものがありました。数分格闘するも、便器内の水面は急上昇。

一人では解決できないと判断し、寮に受付があるのを思い出しました。

急いで受付へ向かい、トイレが壊れたことを伝えます。

 

「トイレ、コワレタ!!キンキュウ!トレイ!水イッパイ。」

 

受付係の男性は、いかにも面倒くさそうな表情です。それでも片言の中国語で騒ぐと、自分の部屋に来てもらえることになりました。

 

知らない土地でのトラブル。いきなり知らない人を部屋に呼ぶなんて怖い。心臓のバクバクが止まりません。部屋までの道中、不安と緊張が去来します。

 

そして、トイレ見てもらうということは、う〇こを見られることを意味していました。

 

つづく