第二外国語から中国留学

大学ではじめた中国語、そして留学へ

面接、そして聞き取れない中国語

こんにちは、滝です。

 

早速、交換留学の面接試験について書いていきたいと思います。

 

面接で何を聞かれるのか、当日まで全くの謎でした。日本語での面接なのか、中国語での面接なのか、それすらも分かりません。

 

私は、とにかく中国語がほぼ話せない状態で、中国語で質問されたら終わるなあ...と不安に感じていたことを覚えています。

 

普通であれば、不安であるからこそ中国語で受け答えができるような対策を練るかとおもいます。しかし、私はどうせ落ちるやろ、という気持ちで中々やる気が出ずに全くの真っ白で臨むことになりました。

 

 

これ、良くないですね。

このせいで面接は散々に終わります。

 

 

面接当日、留学志願者が試験会場に集められ、順番に名前を呼ばれ個室へ移動し、そこで面接が行われました。

 

自分の番が来て、部屋に入ると面接官が二人います。

一人が日本人。もう一人が中国人。

 

 

終わった…(?)やっぱ中国語でくるのか…(?)

 

 

面接は、自分の提出した志望動機と研究計画書に沿って進められました

 

最初は、日本人の面接官から留学を希望する理由を聞かれます。

ここは、自分でもしっかり軸を持って喋ることができました。

 

次に、中国人の面接官が口を開きます。

(ですよね…)

 

何を言ってるのか本当に分からず、听不懂(分かりません)を連発。

 

中国人面接官は、ジェスチャーで私の胸を指しました。

受験者は胸に名札を付けていました。

 

名前…名前か!!

 

名前を聞かれていました。

 

名前を……聞かれていました……。

 

もうダメだ…と泣きそうになりましたが、何故かここで諦めるのが悔しくて(前日までやる気なかったくせに)とりあえずカタコトで自己紹介します。

 

その後、面接官お二人がこれ以上中国語で質問しても無駄だと判断したのか、すぐに日本語で進められることに。

その後に聞かれた質問は、第一志望の大学について、何故そこを志望したのか、留学先で何をしたいのか、だったかと思います。

 

中国語で大爆死した私は、ここぞとばかりに必死で説明しました。説明というより説得に近かった気がします。

 

そして、今の中国語レベルは低いけど、現地に向かうまでにレベルを上げる努力をすること、留学先で中国に真面目に取り組むことなど、ほぼ言い訳ですが、真剣に伝えました。

 

一通り喋ると、面接官から「面接は以上となります」と告げられました。

 

解放感と共に部屋を退出しました。

 

 

結果、受かっていたわけですが、何故受かったのか。

全くの謎でした。

 

 

次回は、この面接を振り返って自分なりに分析してみたいと思います。