チャイナ発見伝

中国留学生活の「?」と「!」を振り返る

【HSK4級】チャイ語取ってるだけの人が取得するまで

f:id:taki_2021:20211109172115j:plain

滝です。4級取得までの体験談です。

大学で中国語学習むずくね

大学の第二外国語なんて、喋れない・使えないのが殆どではないでしょうか。

語学に興味を持たず、単位の為に二外の授業を受けている学生になら、この言葉の意味が分かっていただけると思います。

そんな私ですが、留学のためにHKSなる中国語検定を取得しなければいけませんでした。

 

HSKとは何ぞや

中国政府公認の中国語検定です。

HSK4級は、『中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。』レベルです。

 

全然勉強しないな自分

4級は、中国語に馴染みのある人にとっては楽勝レベルだと思います。

しかし、私はいきなりここで躓きました。

まず、何から勉強したら良いのか分からないし、自分一人じゃ全く勉強しないことに気づきます。もっと言えば基礎がなっていないので自分で前に進めない。

 

語学学校にいってみた

そこで、1人で机に向かうことは諦め、語学学校に通ってみることにしたのです。

大学で中国語の授業取ってるし、語学学校とのダブルスクールなんて1ミリも考えていませんでした。

有名な語学学校は結構高いし、選択肢に無かったのですが、見つけたのです。

安い地元にしかないような語学学校を。

とりあえず週1でレッスンを受けてみました。

 

語学学校の効果

「効率の良い勉強法」ではありませんが、強制的に中国語に触れる時間を増やしたことが自分には良かったようです。

少し勉強してみる気になれました。新しい環境に身を置くことで、大学にいる“中国語の出来ない自分”を切り離すことができたのかもしれません。

そうしてるうちに、自分からHSKの参考書や単語帳を使っての勉強を始めるようになりました。

 

受かるまでどのくらい

こんな感じでHSKの勉強は、留学選考の1年半前くらいから取り組み始めました。なので取得まで1年半くらいです。

4級は、半年で受かる人も多いそうなので、私はかなりのんびりコースだと思います。

自分のペースで進められると良いですね。

 

以上

 

このブログについては、下記を参照してください。

taki2021.com