チャイナ発見伝

中国留学生活の「?」と「!」を振り返る

青島ビール博物館で見たマスコットキャラクター

青島ビール博物館

f:id:taki_2021:20211130130855j:plain

(ブレた写真しかない。酷すぎる。)

青島の観光地と言えば、ドイツの租界であった地域にあるビール博物館。コロナ以前の国慶節に友人と遊びに行ってきました。

 

入園するとこんな広場があります。

 

完全に人の動きをするマスコットキャラクター

最初に迎えてくれたのが、ここのマスコットキャラクター。

国慶節ということもあり、家族連れが多く散見されました。そんな家族の思い出を作ってくれているのが、そうです。このキャラクターなのです。

子供との写真撮影に忙しく応じてくれています。そして、何故かその光景が私の脳裏に焼き付き、忘れることができません。

母親が「幸苦了~~」(お疲れ様~)と言っている相手は誰なのか。マスコットキャラクターであるとすると、そういうことなんでしょうか。

そして、この微笑ましい光景の後ろに注目すると、人の動きをしている奴がいました。しかも、暇なときにする動きだ。

ネズミーランドでは決して見ることのできない形をしたキャラクター。その動きは人間以外の何ものでもありませんでした。

 

いざ入館

中の展示は、

  • 青島ビールの歴史
  • 青島ビールの作り方
  • 試飲コーナー

大きく3つに分かれていました。

中々充実した内容でしっかりした展示でしたが、何故か写真があまり残っていません。それだけ違和感無く、楽しく過ごせたということなのでしょう。

 

青島ビール歴代広告のひとつ。

f:id:taki_2021:20211130130911j:plain

フォトジェニックなコーナーも。

f:id:taki_2021:20211130130841j:plain

はい。これだけです。友人や家族と楽しむレジャー施設としては最高でした。キッズたちが遊べるゲームコーナーなどもあり、思い出作りにはピッタリではないでしょうか。

 

無料で一杯いただきます

最後の方に、青島ビールを一杯いただけるコーナーがあります。たしか原酒と普通のビールの二杯が飲めました。最高。

 

以上