第二外国語から中国留学

大学ではじめた中国語、そして留学へ

Just You and Me 2

前回の続き

 

部屋に入ると覚悟を決めトイレを見せます。

本当に気まずい。立派なブツが水中に横たわっているのがはっきりと見えます。

彼は、愁い湛えた笑顔でこちらを見つめると、修理道具があると言い一旦トイレを後に。

 

彼の微笑みは世界で一番優しいものでした。

 

トイレに戻ってきた彼が手にしていたのは、誰でも一度は目にしたことのある、あのスッポン。強張っていた自分の表情筋が緩むのを感じます。

 

彼のスッポン捌きは見事でした。

 

 

ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…

 

 

一定のリズムで、丁寧に、深く、ゆっくりと。

 

 

ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…

 

暫くすると、

 

ズゾゾォ…ゴブッ…ゴブッ…

 

水位が減り、ブツが奥へ吸い込まれていきます!

しかし、ブツは依然として顔を半分出したままでした。

 

その時、彼がスッポンを手渡してきました。

己の力を試せという強い意志を感じ、スッポンを受け取ります。

そして、恐る恐る動かします。

 

 

ビチャ…ビチャ…ビチャ…ビチャ…

 

 

なんて情けない音なのだろうか。

これではブツを処理できないことを悟ります。

 

(全然ダメじゃないか!自分はこんなにも非力なのかよ!)

 

 

動きを止めると、重たい沈黙が二人を襲いました。

(呆れられたか?こんな簡単なことも出来ないのかと思われたか?)

 

 

何とも言えない具合の悪さを感じ振り返ると、彼は大きな体を揺らしながら笑っていました。

 

 

その瞬間、全ての緊張の糸が解け、気づけば自分も大笑い。

 

 

 

彼「全然ダメじゃないか~」

自「ムズカシイ…」

 

ビチャ…ビチャ…

 

彼「何でそんなに出来ないの~~??」

自「ワカラナイ笑」

 

彼「こうやってやるんだよ。」

 

 

彼が、手を重ねて指導してくれます。

初めての共同作業。この空間には、たった二人。

 

 

ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…ゴブゥッオォ…

 

 

一定のリズムで、丁寧に、深く、ゆっくりと。

 

二人の間に奇妙な絆が生まれはじめているのを感じます。

 

 

遂に、ブツも姿を消し、すっかり水が流れるようになりました。

ありがとう。助けてくれて本当にありがとう。

 

 

う〇こを見られた羞恥心も忘れ、嵐が去った後の安心感に襲われます。

 

 

その後、彼が日本のアニメの話をしてくれ何かと会話が弾み、WeChatで連絡先を交換しました。

 

こうして中国に来て、初めてのお友達ができたのです。

 

二人は、確かにその瞬間友達でした。

 

 

おしまい

 

Just You and Me

こんにちは、滝です。

今回は、留学手続きについてではなく、体験について綴りたいと思います。

 

留学したのは、コロナ以前の2018年の事でした。なので、留学経験を思い出そうにもなかなか出てきません。だた、留学初日のことは一生忘れないでしょう。

 

何故か。それは、う○こを他人に見られたからです。

それも、う○こ本体だけを見られた訳ではないのです。意味が分からないと思いますが、自分が現場に居合わせる形で他人にう○こを見られたのです。

 

その日初めて会った人と一緒に自分のう○こを見つめ、そして友達になったのです。

 

 

あれは、何とか大学の寮に辿り着き、何とか自分の部屋に荷物を運び終わった夕方のことでした。飛行機の疲れ、異国の地での緊張。自分の部屋で一息つくと、ある事に気が付きます。

 

(う○ちしたいぞ)

 

勿論、部屋にはトイレが付いております。トイレに向かいます。汚い。まず想像以上に汚いです。しかし、海外ということで不便不自由を覚悟していました。なので、これくらいね。冷静に中国のトイレ事情を思い出します。

(日本の水洗と違って、トイレットペーパーは流せない。使用後のトイレットペーパーはゴミ箱へ。)

完璧です。しっかりと事前に得た知識を活せました。

 

ふきふき。ゴミ箱にぽい。流します。

 

ジャアアァ……。

 

…??

 

ジャアアァ……。

 

…??

 

ジャアアァ……。

 

…なん……だと…

 

 

愕然としました。そこには、水流に抗いびくともしない立派なわが子の姿がありました。その後数分格闘するも、便器内の水面は急上昇。

(とりあえず放置してみるか?いや、第二波迄に水位が下がるとは思えない…)

遂にその大いなる力にひれ伏します。一人では解決できないと判断し、寮に受付があるのを思い出しました。一階の受付へ。急いでトイレが壊れたことを伝えます。

「トイレ、コワレタ!!キンキュウ!トレイ!水イッパイ。」

このときの自分の中国語は、日常会話も怪しいレベルでした。

 

受付係の男性は、いかにも面倒くさそうな表情です。それでも片言の中国語で騒ぐと、自分の部屋に来てもらえることに。部屋までの道中彼の話を聞くと、彼はアフリカの何処かの出身らしい。どうやら留学生が交代で受付係を担当しているようでした。

 

 

にしても受付の彼、正直大柄で怖い。

距離感も近くて怖い。

さっきは焦りで気付かなかったけれど、いきなり知らない人と部屋で二人とか怖い。

心臓がバクバクしてる…。

 

怖いな海外…知らない土地で一人って本当に…

 

 

 

 

待って、トイレ見てもらうってことはう〇こ見られるんじゃん。


 

 

 

つづく

めんどくさい;志望動機とHSK

 

 

こんにちは。滝です。

 交換留学制度への応募について書きます。

 

この制度は、一定以上の成績(GPA)がないと出願できませんでした。これは通っている大学や、留学先によると思います。あとは、志望動機書(学習計画書を含む)とHSK4級の提出が必要でした。

 

 

志望動機書(学習計画書)

これは、留学する理由や留学先でやりたいことを書くものです。

自分のこれまでの経験を交えながら、中国に留学したいと思った理由をつらつらと書き綴ります。私の場合、所属するゼミに中国人留学生が何人かいたので、それに絡めて書き進めていきました。

 書き方に細かな決まりはないと思うので、とりあえず一度書いてみると良いかもしれません。書き始めが怠すぎてなかなか手をつけなかったのですが、〆切ギリギリになって焦った記憶があるので、早めに取り組むことをお勧めします。お勧めはしますが、ギリギリでも出せたので、自分を信じましょう。

 

全然書き始める気にならない私が、最初にとった行動。

 

それは「志望動機 書き方」でググることです。

 

手当たり次第に調べます。大体どのサイトに書も留学志望理由を書くときのテンプレートが載っているので、その手順に従いました。これだけで大きな一歩です。

 そして、テンプレートに沿って埋められるところから書いていきます。最初は、全く埋まりません。Wordを利用して書きだしていたのですが、画面はスッカスカ。全然書けないわ、と思いながら何度も、PCを閉じました。2週間くらいこの状態でグダってました。流石に焦って、留学理由などを一言くらいの量で紙に書いていきました。やっぱり、PCより紙とペンだな。

兎に角自分が何をしたいのか紙に書いていく作業を続けました。そんなこんなグタグタと手を動かしていると、ある時点で何となく形になったなと気づき、PCでの作業に戻って文章化します。こんな感じです。

 ググってテンプレ通りに書いただけなので、有益なアドバイスなどは特にありませんが、紙とペンを持って手を動かす作業って大事ですね。

 

 

HSK4級

中国留学の際、どこの大学でも要求されるのがHSK。私の場合、HSK4級を取得する必要がありました。大学入って第二外国語から中国語を始めた自分にとってこれが意外と苦しかった。大学の二外なんて、喋れない・使えないのが当たり前です。語学に興味を持たず、単位の為に二外の授業を受けている学生諸君になら、この言葉の意味が分かって頂けるだろうか…。

 HSK4級は、『中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。』レベルです。中国語に馴染みのある人にとっては楽勝レベルらしいですが、私はいきなりここで躓きました。

 

まず、何から勉強したら良いのか分からないし、自分一人じゃ全く勉強しないことに気づきます。そこで、語学学校に通ってみることに。安っい地元にしかないような語学学校を探してきて週1でレッスンを受けました。

「効率の良い勉強法」という訳ではありませんが、強制的にでも中国語に触れる時間を作れたので良かったと思っています。週に一度でも効果があったということは、本当に勉強していなかったことの裏返しですね。私の勉強方法は、勉強している人には効力を持ちません。

 

こんな感じで、留学選考の1年半前くらいから中国語に取り組み始めました。確か2年生の春からだったと思います。二外の授業自体は1年生からありましたが、「無」だったのでノーカンにしています。

 HSK4級は、並べ替えの問題以外マーク式です。幸運なことに受かりました。中国語に慣れてきた人なら誰でも受かるんだと思います。

 

今振り返ると、ゼロから始める語学勉強にハードルを用意しない方針が自分に合っていたのかもしれません。

 

 

その後、面接試験があり奨学金の給付者が決まります。

面接については、また今度書きます。

はじめての留学

滝です。

 

留学の記憶が薄れてきたので、完全消滅する前に書き残します。

まずは、初めての留学から書きます。

 

留学には様々な種類・方法があります。

私の場合初めての留学は、通っていた大学の交換留学制度を利用しました。

自費での留学経験もあるのですが、それは又の機会に。

 

交換留学制度とは何ぞや。

この制度は、大学内の選考を通過すると、奨学金を支給され協定大学に1年間留学できるというものです。

 

留学先大学の学費全額免除+奨学金(生活費)という感じでした。食費や交際費を頑張って抑えれば、実質タダで1年間留学が出来ます。

 

留学の内容は、自分で選べました。私の場合、中国語がゴミカスだったので語学留学にしたのですが、本科(中国の学部)の授業を取っている人もいました。

 

また、この制度を使うと留学準備がスム~ズに進められるかと思います。

大学が留学手続に必要な書類を準備してくれ、留学先とやり取りもしてくれるので、初めての留学にはお勧め出来ます。自費留学だと、色々面倒くさいです。

留学先からの連絡が遅かったり、めちゃくちゃ不安になります。エージェントを利用する方法もあるみたいですが、そのエージェントに申込むのが面倒くさくて諦めました。お金もかかるし。

 

多くの大学が、こうした留学制度・プログラムを持っているかと思います。けれど、このお得制度を知らない学生が意外と多い印象。勿論、留学を念頭に置いて大学生活を送っている人にはあたり前の情報かと思いますが…。

 

留学の「り」の字も考えていなかった自分は、全く知らなかったので、頭の片隅にでも置いておくといいかもしれません。

 

 

交換留学制度への出願については、また今度書きます。

 

中国留学について書くぞ、

 

滝と申します。

 

ブログ初心者ながら、独自ドメインというもの取ってしまいました。自分の資産になるらしいので。何より、“自分だけの”というのがかっこいいです。

  

中国留学の経験について綴ります。

留学先は、山東省です。

留学を考えている方の手助けになれたら嬉しいです。